失業手当が振り込まれるまでに何日かかるの?

最初に職安で手続きした日を、受給資格決定日と呼びます。
これで受給資格が決定したのだから、後は失業手当が口座に振り込まれるのをじっくりと待つだけと言いたいところですが、実は支給日まではいくつかのプロセスが残っています。
そこで、ざっと失業手当が振り込まれるまでのスケジュールを整理しておきましょう。
まず、職安で最初の手続きをして書類を提出すると、その時点で受給資格が決定しますが、その日から数えて七日間は待機と言って失業手当が支給されない時期になります。
失業しても、この間に再就職することができた 人には必要手当は支給されない制度になっており、七日間は全ての時給者に課せられる待機期間なのです。
実質的には、この胎児の七日間を失業状態で過ごして初めて受給資格が発生し、待機満了の翌日からが支給対象となるわけです。
しかし、自己都合で退職した人は、さらにこのあと3ヶ月もの給付制限が課せられます。
従って扶養手当が支給されるのは、会社都合の人なら受給資格決定から4週間後です。
一方、自己都合の人では、受給資格決定から約4ヶ月後、となってしまうわけです。
もちろん、どちらのケースもただ待っているだけでは支給されません。
会社都合の人も、受給資格が決定したら七日間の待機満了後に設定される時給説明会に出席しないといけません。
また失業認定日に職安に出頭して初めて、失業手当の支給が始まるのです。その数日後にようやく、自分の口座に失業手当が振り込まれます。
以後も、4週間ごとに設定されている失業認定日に出席するたびに、4週間ぶんの失業手当が支給されてるという流れです。
最初に振り込まれる分だけは、大気の七日間が不支給なので、原則として3週間分となりますが、場合によっては3週間分に満たないこともあります。
最初に支給される性格な失業手当の日数は、計算で割り出すことができます。

・会社都合の人  待機満了の翌日から最初の失業認定日の前日までの日数分

・自己都合の人  給付制限万葉の翌日から2回目の失業認定日の前日までの日数文

派遣社員は注意!!

いずれにしろ、最初の支給までは、コツコツと就職活動を続けながら、ひたすら首を長くして失業手当の支給を待つしかないのです。

これまで、派遣会社は、期間満了の一か月後でないと、離職票を発行しなかったため、即時発行された場合も一か月経過しないうちに行手続きに行くと、3ヶ月の給付制限が課させられた。

Posted by pakpak55a