最低12か月間、保険料を支払えば失業手当がもらえる

会社を辞めた時水曜保険はもらうにはどんな条件をクリアしていればいいのか知ってますか?

普通に会社勤めしている人だったら、誰でももらえるでしょうと安易に考えがちですが必ずともそうとは限りません。

会社を辞めた後に失業給付金をもらうためには、大前提となるのが、雇用保険に加入していることです。

保険会社が完備されている会社に正社員として勤めていれば、まず間違いなく雇用保険にも加入しているでしょう。

しかし、アルバイトや契約社員・ 歩合制の外務員・業務委託などといった形状で働いている人の場合は、雇用保険に加入してないケースも珍しくありません。

また中祭礼小企業の中には、そもそも社会保険に加入してない会社もあります。

さらには会社がちゃんと雇用保険の適用事業所にはなっているものの、海外の現地法人勤務になった時に雇用保険を脱退して、帰国後もそのままになっているとか、取締役に就任した時点で脱退したといったケースもごく稀にあります。

そこで、チェックしたいのが給与明細。この天引き項目の中に雇用保険料があればひとまずセーフですが、それがなければアウトの可能性大です。その上で失業保険をもらうには次の条件をクリアしなければなりません。

 

自己都合で退職する人

 

・雇用保険に加入していた期間が会社を辞めた日以前の2年間に12か月以上あること

 

会社都合で退職する人

 

・雇用保険に加入していた期間が会社を辞めた日以前の1年間に6か月以上あること

 

たとえ自分から辞表を出してやめても、入社時に雇用保険に加入していて12ヶ月以上勤めてさえいれば失業保険をもらう資格は生じるわけです。

では自己都合で退職すると一つの会社に6ヶ月しか勤めていない人はもらえないのでしょうか?その場合でもそれ以前に他の会社でもう6ヶ月勤めていて両方を通算して12ヶ月が、後の会社を辞めた日からかこの2年間の範囲に治ればこの条件を満たしていることになります。

 

受給資格を獲得するための条件とは?

 

・被保険期間が過去2年間12ヶ月以上あること

 

・被保険期間は退職日からの翌日から1ヶ月ずつさかのぼっていく

 

被保険者期間は、期間が丸一か月あり、なおかつ賃金支払基礎日数が、11日以上ある場合のみ1ヶ月と換算。

期間が1ヶ月に満たない場合は、その期間が15日以上あり、なおかつ賃金支払基礎日数が11日以上ある場合に限って、1/2ヶ月に換算する。