月45時間を超える残業が続いて辞めれば、会社都合なの?

法定労働時間は40時間

 

会社が労働者に法定労働時間を超えて労働させるには、労働者の代表と会社が36協定を結んでそれを労働基準監督署に届け出ないといけません。

そして、この協定で一定期間における時間外農道の上限を定めるようになっていますが、労働基準法では、その上限の目安も定められていて、それを超えて時間外労働をすることは基本的に禁止されているのです。一定の手続きを経ていれば許される場合もあり、また工作物の建設などの事業や自動車の運転業務など一部適用除外の職種もある。

下の表を見てください。要するに、ここで示されている限度時間を超えて残業させられている人が、そんな長時間 耐えきれず退職した場合は、労働基準法に基づき定める基準に規定する時間を超える時間外労働が行われたため離職した者に該当するというわけです。

ただし移植前に3ヶ月以上続いたことと有給休暇や体調不良を頭のやむを得ない理由により時間外労働が行われていない月は除 きます。

この他にも、労働者の安全や健康を守るために必要な処置を講じておらず、その点について行政指導をさせられたり改善命令が出たものにもかかわらず、改善されなかったために退職したものも離職を余儀なくされたと認められます。

この表からすれば、痰に必要な処置を講じていない事実があるのだけでは、これに該当すると認められない可能性があります

厳密に言えばそうした事実を要請から指摘されたこどと、 指摘されたのにも関わらず、1ヶ月が経過しても改善されなかったことの二つの条件が揃っていることが必要です。

 

時間外労働の限度時間

 

   労働時間   限度時間

    1週間    15時間

    2週間    27時間

    4週間    43時間

    1ヶ月    45時間

    2ヶ月    81時間

    3ヶ月    120時間

    1年     360時間

 

離職を余儀なくされたと認められる者には常識では考えられないくらい長時間の残業を教えられたケースも当然含まれます。

 

Posted by pakpak55a